今日は楽しみにしていたじゃがいも掘りの日。
しかし、天候は霧雨でした。
朝、登園して来た子ども達は「今日は行けないのかなぁ〜」「てるてる坊主作らないと!」と言いながら空を見上げていました。

そんな子ども達の思いが通じたのか、だんだんと空は明るくなりバスに乗る頃にはすっかり雨もやみました。目的地は、東大和市の尾崎農園!

幼稚園のバスに初めて乗る子は、「幼稚園のバスって広いんだね〜」とちょっと興奮気味。「ここボクのお家」「ここ行ったことある!」など楽しい会話をしながら畑に到着しました。

雨が降って、畑の土がしめって掘りにくくなるかと心配しましたが、手入れがよく行き届いていたようで、とってもフカフカの土で掘りやすかったようです。
子ども達は、畑のうねにじゃがいもの茎しか見えていないのを見て、「本当にじゃがいもあるのかな?」と心配しながらも掘っていくと、じゃがいもが恥ずかしそうに少しだけ姿を見せたのを見て、「み〜つけた!」といいながら掘っていました。又、姿は見えてるのになかなか取れないときは、近くの子に「ちょっと手伝って〜」といいながら掘り、大きな大きなじゃがいもにびっくり!!
「僕の手より大きいよ!」と大きなじゃがいもを見つけられたことを喜んでいました。
3株掘り、もう無いだろうと思っていたとき、じゃがいもの姿を見つけると、「じゃがいもさんかくれんぼしてた。まだ居たんだね!み〜つけた!」と見つけたじゃがいもに声をかけるかわいい姿も見られました。

たくさんのじゃがいもを掘り、袋一杯になりました。行きはとっても軽かった袋も、帰りには、持ち上げるのも大変だったけど、自分達で掘ったじゃがいもなので、重くて引きずっちゃうこともあったけど、自分でしっかりと持って帰ってきました。

バスに乗ってお出掛けするんだね!・・・ドキドキ♪  
よいしょ!よいしょ! 何作ってもらおうかな?  
見て〜 こんなに大きいのあったんだよ〜!  
頑張った証拠だね!   
6.25 じゃがいも掘り(年中)