【今月の目標】
年少組
・友だちや先生と楽しく遊ぶ

年中組
・自分の気持ちを相手に伝えながら気の合う友だちと遊ぶ 

年長組
・友だちと意見を出し合い、遊びの中で試し、工夫することを楽しむ
【今月の約束】
・暑い日には帽子をかぶりましょう
・汗をかいたらハンカチで拭きましょう
・水を大切に使いましょう
【今月のうた】
年少・年中組
♪たなばたさま
♪うみ         
♪ヤッホッホ夏休み    

年長組(年少・年中組と同じ歌の他に)
♪アイスクリームのうた
年少組
ブランコの後ろにピンク色のきれいな紫陽花が咲き、子どもたちも気が付いたようです。鳥小屋の横の畑にはキュウリとトマトが育てられています。年中・年長組が水やりをしていると年少組も真似して水やりをし始めました。水が大好きな子どもたちは何度も何度も水やりをし、楽しくなると止まらなくなってしまいました。「あれ、土の色が変わってる!もうお腹いっぱいになったみたいだよ。」と、水をあげすぎると良くないことも知らせながら様子を見ています。
「親子で遊ぼう会」で大好きなお家の人と一緒に一日幼稚園で過ごせた事が、子どもたちにとって、とてもうれしかったようです。お家の人と一緒に遊んだハンバーガー屋さんや電車ごっこ、けん玉は幼稚園でまた楽しめるようにしています。「いらっしゃいませ」「何にしますか?」「チーズバーガーできました!」と保育者や友だちとのやりとりを楽しみ表情も明るくなってきました。「親子で遊ぼう会」でお家の人と一緒に遊べた経験が安心感を持たせたり、いつも楽しんでいたあそびも、より楽しめるようになったのだと思います。触れ合って遊べる「ひっつきもっつき」や「パン屋さんにお買い物なども今度はお友だちとも楽しめるようにしていきたいと思います。
 「引っこしゲーム」や「かくれんぼ」などクラスの友だちや先生と、鬼ごっこや追いかけっこを楽しんでいます。「○○ちゃん一緒にあそぼう!」「先生、かくれんぼしよう!」と子どもたちから声が上がるようになりました。「○○ちゃんみーつけた!」「1,2,3…10!もーいーかい?」「も―いーよ!」と言葉のやりとりを楽しんだり、友だちを探す楽しみや友だちに見つけられるうれしさを感じながら、友だちとの関わりが増えています。そんな遊びの中で、「すみれ組で遊ぶと楽しいな」「たんぽぽ組は○○出来るから好き」というように、他のクラスでの活動にも楽しんで参加ができるようになっていきます。
年中組
梅雨の晴れ間には、夏の日差しを感じるようになってきました。「今日は夏みたいに暑いね」「お水をたくさん、飲もう」と暑さを体で感じ、水分補給をこまめに皆でしていきます。ちょうど、梅雨に入った頃、ブランコの後ろにアジサイが咲いていました。雨に濡れているアジサイを見て「きれいだね」「光ってみえた」と傘を差しながら見ていました。毎日、アジサイの横を通る子から「今日は青のアジサイが咲いていたよ」と話を聞くと、次の日から「今日もアジサイ、咲いてたよ」と様子を気にして見ている子が増えていきました。雨よりも晴れている方が好きな子もいますが、雨が多い季節にしか味わえない自然も楽しんでいきたいと思います。
 10月の運動会に向けて、遊びの中から子ども達と一緒に玉入れをしています。昨年、玉入れを経験した年長組から「玉はカゴを狙って投げるんだよ」「高く投げると入るよ」とコツを教えてもらうと、年中組の子ども達も「たくさん、入れるぞ」と気合いが入り、「入った」「僕は遠くから入ったよ」と子ども達が投げていく玉は、どんどんカゴの中に入っていきました。玉入れを離れて見ていた子ども達が、「僕も入れて」「たくさん、玉が見えたよ」と、他の遊びをしていてもその様子を見ると気になって遊びに来る子もいます。友だちが遊んでいる姿を気にしながら、友だちと一緒に「ヨーイドン」の合図に合わせて競技をする楽しさや、たくさんの玉が入り、数を数える楽しさ味わっている所です。
 7月7日は七夕です。年少組の時、大きな笹に七夕飾りを飾り正門に立てかけた姿に「うわぁ〜」「高いな」と自分の身長の何倍も高い笹に驚いていました。年中になると自分で作った飾りを作りあげる事に満足するだけでなく、「〇〇君の綺麗」「この色、綺麗だね」と色の組み合わせによって綺麗だなと感じています。そこで「三角つなぎは2つの色を選んで交互につなげてみよう」と作り方を伝えると「僕は黄色と青」などと色を決めてつなげて作っていきました。子どもの作りたい思いを大切に、飾りを作る楽しさをたくさん経験し、自分が作った作品を友だちやお家の人に見てもらい「素敵な絵だね」「糊で綺麗に貼れたね」と頑張った所や工夫した所を認められると、更にもっとこうしてみたい!という思いが出て来た所です。1つの方法として色や形の組み合わせを意識していくと、子ども達も考えながら完成を楽しみ、作っていました。
年長組
雨の日が多くなり、気温の変化に体調も崩れがちな季節ですが、年長組の子ども達は元気に過ごしています。みんなで植えた野菜はどんどん育ち、もう支柱の先に届きそうです。「先生!トマトがもうこれぐらい大きくなってるよ」と指で大きさを示して教えてくれる子、「気が付いていない人に教えなきゃ!」と友達に知らせて回る子や「朝の会で発表したいな〜」と張り切る子もいます。「赤くなったら食べていいんだよね!?」と食べたい気持ちがいっぱいで、みんなで食べるのを楽しみにしています。きっと自分達でお世話をした野菜の味は格別でしょうね。
雨が途切れて青空が見えると、「ドロケイしよう!」「サッカーやる人〜?」と誘い合って外に飛び出していきます。「遊ぼう」と誘っても、友達が違うことをしていて一緒に遊べず、しょんぼりしていることもありますが。他の友達に声を掛け遊び出すうちに大勢集まってみたり、最初に誘った友達が興味を持って戻ってきたりしながら、色々な友達と関わっているところです。集団遊びも面白くなってきたところですが、自分に有利に進めようとしたりルールを守りきれなかったりということもあります。みんなで行う集団遊びは、公平にルールを守って取り組むからこそ面白いことがわかりかけてきたので、自分の思いをしっかり伝え合い、時にはぶつかり合いながらでもその面白さをみんなで味わって楽しみたいと思っています。
先日、アジサイの鉛筆画に取り組みました。以前カメを描いたのを覚えていたようで、張り切っていました。「アジサイの花は中心の小さい部分なんだよ」と話すと、「えっ、ここがお花だと思ってた!」とガクを指して言っていた子ども達ですが、「よーく見ると薄い筋がたくさんあるね」「葉っぱはギザギザだったのか」と発見をしながら観察し、丁寧に描いていました。製作活動もどんどん取り入れていきます。